何気ない話

偽善テレビ。

毎年このころに放送される24時間テレビ。
ニノが出るということでジャニーズファンの奥さんは見ていましたが、観るたびにイライラ。
そういえば、今年は障害者のコーナーが少なかったな、と。
コロナのせいか?
まあ、どうでもいい。
もうあの番組は今の時代には合わないのに、なぜかいつも感動を出そう出そうとしている。
観てて腹が立つ。
ニノがソロで歌うのが23時と分かり、頑張って起きていたが途中で寝てしまった奥さんだが、猫の鳴き声でAM1時半に起きて何気に起きてテレビをつけたらちょうどニノが歌っていておかげで寝不足になった、と言っていた。
あれも23時の時点でニノが歌うというのを餌に引き伸ばし、引き伸ばし、AM1時半、てどういうこと?
結局、奥さんは、翌日のフィナーレを観る前に寝てしまい、朝録画でそのあとの「行列の~」の番組を観て朝ご飯を食べていた。
毎朝、深夜に録画したお笑いを朝見ている奥さんとちょうど僕の朝ごはんも重なり観ていても、不快感?というか気にはしない僕ですが、今朝の24時間テレビの後のどんちゃん騒ぎしている東野幸治司会っぷりにはイライラした。
奥さんが出勤後、すぐテレビを消して今に至る。
偽善テレビめ。
障害者を出すなら、精神障害者にも焦点を当てろよ。
目に見えないからテレビではわかりずらいのか、偏見があるのかわからないが、精神障害者が出たところを観たことがない。
まあ、どうでもいいけど。
唯一感じるのは、あの番組が来ると北海道も秋が来たなーと感じる。
もう24時間する必要もない。
辞めてほしい。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する