自分の話

趣味なのかこだわりなのか。

趣味として、スクラッチアートと切り絵をしています。
どちらも細かい作業。
そういうのが最近好きで作業しながら、いろんなことを考えたり、思い出したりして楽しんでいる。
今日の昼ごはん後の休息で目を閉じて横になっていろいろ考えていたら、今までいろんな仕事をしていたけど、長くて3年半、短くて半日と長続きしない自分を思い出した。
子どものころを思い出してみると、落ち着きがない、強迫観念があり、不安症状があり、しんどかったことが多かった。
そこから大人になった自分を見つめ直すと、発達障害?と思った。
でも、医師からも奥さんからもそうではないと言われ、ネットで調べても当てはまるような、当てはまらないような。
みんな何かしら特性はある。
それが強いか弱いか、感性の強弱の問題ではないかと考えた。
誰だって好き嫌いがあるし、特異性があるものもある。
僕は外で給料をもらって仕事をするということが結局性格上できないし、たまたまストレスの強い会社で病気が発症しただけだと思う。
家での家事は全然苦にはならないし、ストレスも感じないでやってきた。
僕は女性的な性質の方が強いんだと思う。
性的マイノリティーとかじゃなくて。
ここ1年半で細かい趣味が好きになったのはこだわりではなく、「出会い」なんじゃないかな。
今まで薬の効用でほとんど寝たきりだったけど、今では音楽かけながら好きな時に、好きな分だけ削ったり、切ったりして作品を作っている。
特別な事ではない。
うん、もしそうなら、趣味に凝っている人はみんな発達障害に当てはまるじゃないか。
みんな違ってみんないい。
そう詠った歌人もいた。
そうだ、病気だけど、今の自分は変じゃない。
これを書いているうちに心の整理ができた。
よかった。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する