自分の話

キツキツからユルユルへ。

実家から戻ってきて1週間以上たった。
実家では、のんびりその日の気分でやりたいことをやっていたので、実家に帰るまでどれだけキツキツで行動していたかわかってきた。

まずは、天気予報。
PCのお気に入りには7つものお天気サイトを登録していた。
これを毎日2回以上目を凝らしてチェックしていた。
家族からは「お天気おじさん」とも言われていた(笑)
今は、今日明日くらいしか天気予報を見ない。見るのも、たまたまテレビで目に入った時くらいだし、PCでも1個だけスラーと見るぐらい。
特に雪のはじまるシーズンからは、かなり天気が気になった。
やっぱり雪はストレスの源だ。

そして、奥さんのお給料日に行く、銀行と郵便局巡りもキツキツだった。
ATMに人が並ぶのを嫌い、早めの時間にお金をおろし、それを次の銀行に開店15分前にはシャッターが開くまで一人並んで待機していた。
それも改善し、混みそうでその日でなくてもいい入金は空いてる日にちに行くことに変えた。
それにより、余裕ができた。
朝から一人並ぶこともない。

あとは、毎日のお昼ごはん後の段取り。
うさぎの掃除をしてお風呂に入ってからの夕飯の支度してと分刻みで動き、ハアハア呼吸しながら自分を追い込んでいた。
それもやめて、簡素化した奥さんのウサギの掃除方法に変えると時間は半分で済み、シャワーをしてからも奥さんの夕飯はつまみ程度しか食べないので朝の時間ある時に下準備するか、夕方にちょこちょこと準備するだけでいいので、シャワー後にコーヒーを飲みながら好きな音楽を聴く余裕ができた。

今までなんてキツキツな生活・精神状態だったんだろうか。
それを十数年もやっていたなんて、そりゃしんどくなるわ。
実家に帰ってから身につけたユルユル生活をこっちでもうまく取り入れながら新しい北海道生活をまた秋まで続けていこうと思いました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する