自分の話

名前の由来。

子どもができると名前を考えるのは親の役目です。
僕の場合、「何事にも勝つように」という意味合いでつけられた。
話によると、父親が決めたらしい。
子どものころは、勝負どころでよく泣いて「そんなんやったら負けるになるで!」と檄を飛ばされていた記憶がある。

今思い返せば、僕の人生は負けることが多かったなあと思う。

でも、今は、「負けてもいいじゃん。」と思う。
勝ち負けにこだわらず、自分らしく生きていければ、と思う。

勝つ、てそんなに大事ですか?

負けたことで、負けた人の気持ちがわかる、ということもある。
「何事にも勝つように」という昭和生まれの父親の気持ちもわかるが、今はそうは思わない。

娘にはいろんな世界を見て、また人のより所になってもらえばと考え、今その通りの人生を歩みだしている。

人は挫折することもある。
勝ってばかりの人間にはわからない、人の痛みを癒せるような自分になりたいと思う。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する