自分の話

ちょっと昔話。

僕の18歳の進路のころ。
それまでスムーズに人生を歩んできたが、やりたかった専門学校の進学に親が人生初めての拒否。
専門学校の紹介ビデオまで取り寄せ、見せてみたが「お金が高い」と言われた。

中学生から障害者の方と関わることがあり、福祉の学校に行きたいと再び提案。
でも、親からは「仕事しても給料が安い。」という感覚だけであっさり断られた。

働きたいと言い出すと、大学に行けと言われた。
やりたい職業がないのに、行きたい大学はなかった。


昨日、実家の母親と近況報告をしていて、娘が僕の実家の方への仕事も探している、というと、「こっちなんか給料安いで。」とボソリ。
否定されたような気がし、昔の自分に言われた言葉がよみがえった。
確かに大人の判断は正しいのかもしれないが、子どもには子どもの夢がある。
それをあっさり切っていいものだろうか。

僕なら、娘が進む道ができた時から「じゃあ、一緒に調べてみよう。」「一緒に見てみよう。」とアドバイスをしてきた。
大人から見たら、無謀な夢であっても娘の「やりたい!」と気持ちを尊重したい。
経験上、最初からダメと決めつけない。
ダメか~と気づいて次のステップに進むのは、娘次第。
それに対して、相談されれば、夫婦そろってアドバイスする。
親とはそういうもんじゃないだろうか。
その時代の親を責めるわけではない。
でも、意見を尊重する、一緒に探してみる。
そういうことをしてほしかったし、僕はそうするつもりです。

そんな僕のちょっと昔話でした。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する